は休業とさせていただきます。
じねんじょ発祥の地政田自然農園自然薯栽培事例TOP
 
1年前に定年退職。自由な時間に何か始めてみようかと思っていたとき、友人から誘われたのが、この自然薯栽培でした。
自然薯栽培は思ったより手間がかからず、とにかく楽でした。使う道具や植え方を、我流でいろいろ考えてチャレンジするのが面白い!子供さんでも楽しめるから、家族のコミュニケーションにも良いですよ。
初心者の私でも立派な自然薯を収穫できる!
楽しくて美味しい体験ができ、政田自然農園さんには本当に感謝です。HPも大変参考になるし、今回の反省点も活かして、来年も挑戦してみようかな。
 

●2007年4月 種芋の植え付けの苦労ばなし
 
数年前から休耕田になっていた田んぼの跡地。少しでも水はけが良いように畝を高めに作ってみました。
クレバーパイプは、案内棒の間隔を揃えて埋め込む角度の調節が苦労しました。パイプを相互にくっつけるとやり易かったですね。
●5月 蔓用の支柱、棚、ネット設置
 
←蔓の巻きつきの様子
 (拡大写真)
植えつけて10日以降に肥料を撒き、約1ヶ月すると発芽。
時期はバラつきがありましたが、10本全て芽生えてくれました。
蔓が伸びてきたら巻きつくための支柱作り。
我が家では竹と物干し竿を使い、高さ約1.2m、幅約1mの棚にしてみました。
●6月 白黒マルチシート被覆
 
←つる棚

蔓が支柱いっぱいにまで伸びたので、夏に向けてマルチシートを被覆。
今年は猛暑でしたが、シートと、自然薯の生い茂った葉の遮光効果で雑草も生えなくて手間いらず!
棚をもう少し低く幅広に作れば、葉が広がって影の効果がもっと上がったかも。
●11月 サプライズな副産物
ある日、蔓を見ると小さな芋のような実があちこちに。なんとむかごが出来ていました。早速収穫して、天ぷらやむかごご飯にして頂きました。
自分たちで収穫して、それを食べる。予想外の副産物に、2つの喜びを味わうことができ、大満足でした。
●12月 まちに待った収穫
 
ツルや葉が完全に枯れたら、いよいよ収穫。
まずは2本を試し掘り。お!なかなか立派な大きさ。これは期待できるぞ。
ワクワクしながら残り8本も全て収穫。まっすぐ綺麗な自然薯。中には130cmを超える物も。やっぱり本命はすごい!
早速、掘り出した芋を調理。とろろにしようとすりおろすと餅のよう!特製のタレを使うと味がまろやかで美味しいですよ。子供たちや親戚にも贈り、喜ばれました。