種芋 一本種 (宝薯(ほうしょ)23号)

ヤマノイモモザイクウィルス病(JYMV)に抵抗性のある植物ワクチン「YMO6」※を宝薯(ほうしょ)22号に接種したものです。品質は宝薯22号と同じです。
平成18年に接種し現在までJYMVの感染は認められませんでした。

特許製品のため生産販売制限があります。
食用としての販売目的及び自家生産用種としての生産は出来ますが、種販売目的での生産は出来ませんのでご注意下さい。

※「YMO6]について
山口県農林総合技術センターと山口大学農学部との連携によって研究開発された植物ワクチンです。
現在「宝薯23号」は山口県と山口大学が共同で特許取得済です。

むかごから1年育成した種芋で30g以上ののもので、先端に芽が付いています。

芽出しの必要がなくそのまま定植ができるので作業が簡単です。

現在自然薯の種芋で一番多く使われています。

【種が届いてから定植までの作業】

  1. 1週間以内に定植する。(桜の開花より2週間後が目安。)

価格

○宝薯(ほうしょ)23号
1本370円(税込み)

お届け時期 3月下旬~5月中旬