は休業とさせていただきます。
じねんじょ発祥の地政田自然農園>自然薯栽培40年超の歴史・会社案内・スタッフ紹介

世界で初めて自然薯の栽培に成功して以来、永年にわたってこの栽培方法の普及に力を注いできました。
そして、この活動を通じて、日本古来から自生する「本物の自然薯」の系統を守ってきました。
現在、産地は全国に広がり、本物の自然薯が各地に流通しています。
その反面、品種の違うものが「自然薯」として流通する事象も発生しています。
政田自然農園は自然薯栽培のパイオニアとして、「本物の自然薯」を未来へ
引き継ぐため、より一層の普及活動に努めてまいります。

日本特有の原産種・自然薯
本州、四国、九州の山野に自生する日本特有の原産種
(正式名称はヤマノイモ科ヤマノイモ属、植物学名ヤマノイモ)。
ちなみに、長芋・徳利芋・水芋・イチョウ芋・ブッショウ芋・つくね芋は
外国原産の外来種(正式名称/ヤマノイモ科ヤマノイモ属植物学名ナガイモ)。
自然薯は、長く生育し、表皮が薄く、粘度が大変強いのが特徴。
カルシウム、鉄分、リン等のミネラルビタミンが豊富で、
古来より精のつく滋養強壮食として用いられてきた。
近年の研究により、自然薯に含まれるディオスゲニンという物質が、
若さの維持やホルモンバランスを担うDHEAを増やす役割があることがわかり、注目を集めている。

昭和40年:1965

当時の自然薯は、山際に住む人のみが食べることができる、
希少価値の高い山菜でした。数も少なく、分け入った山にしか 育ちません。これを手軽に食べられるように栽培できないだろうか? こうして、政田自然農園による自然薯栽培への挑戦が始まりました。 自然薯が育つ環境を調べるため、全国の山々から種を採取。栽培実験を 繰り返したのです。しかし、収穫した芋は味も形も悪く、とても商品にはなりませんでした。

昭和45年:1970

調査した山が200ヶ所を越えたころ、ある条件を発見しました。
それは、根が張る地表部は肥沃な土で、薯が育つ地下は
痩せた土だということ。
そこで思いついたのが、パイプ型の栽培器(クレバーパイプ)です。
これにより、自然薯の育つ所と根が張る所の土を分けたのです。
栽培してみると、立派な形の自然薯が育ちました。
しかし、粘りや風味にばらつきがあり、品質が安定しません。
その原因を探るため、更に多くの山を歩いて回りました。
そして、自然薯に品種があることを突き詰めたのです。

昭和49年:1974

日本全国で採種した種に加え、海外の山芋も研究し、自然薯の
優良種を発見しました。この優良種のみをパイプで栽培することによって、
初めて高品質な自然薯の安定栽培が可能となりました。
やがて、クレバーパイプは全国の栽培農家が使用する定番資材となり、累積1,300万本を供給。政田自然農園の自然薯種は更新を繰り返し、今では12系統目になります。

より優良な品種を求め、全国の山野で自然薯の種を収集、選抜試験を行なっています。


「種芋」は全国の山間部から様々な品種を集め、その中から粘り、 風味が良い優良品種を選び抜き、専用施設で管理しています。

山口県農林総合技術センターとの共同開発によって、
あらかじめ弱毒性のウィルスワクチンを接種した「種芋」の開発に成功いたしました。

毎年、専用圃場にて、自然薯の栽培試験を行なっています。


近年の気象変動によって自然薯栽培が受ける影響は、
過去の経験だけでは対応できないケースが増えてきています。


当園では様々な資材、圃場条件を用いて、
専用圃場での栽培試験を行なっています。

徹底した品質管理によって、お客様からの信頼を得てきました。


自然薯種芋は非常に痛みやすく、爪などで傷がついただけでそこから腐ってしまいます。そこで、「種芋」は品質検査後、消毒し定温冷蔵庫により休眠状態で保管。出荷直前の再検査を経て出荷しています。

冬に収穫した食用自然薯は一本一本、品質検査後、定温冷蔵庫で休眠状態で保管。
一年を通じ、最良の状態で出荷しています。

日本古来の希少種「自然薯」を知っていただくため、様々な取り組みを行なっています。


初めて自然薯を栽培する方を対象とした栽培講習会を毎年行なっています。また、経験者を対象とした栽培技術向上のための研修も行なっています。

自然薯栽培を広く知っていただくため、試験圃場を予約公開しています。

全国各地の自然薯産地へ訪問し、試験・研究で得た最新の栽培方法を普及する活動を行なっています。

地域の人々に自然薯のことを知っていただくため、毎年小学校児童による植え付け、収穫講習会を行なっています。

会社案内

政田自然農園株式会社(マサダシゼンノウエンカブシキガイシャ)

所在地
山口県柳井市柳井5458-19
代表者 代表取締役会長 政田 寛
代表取締役社長 政田 健太郎
T E L
0820-22-2222
F A X
0820-23-6060
E-mail
info@jinenjyo.net
事業内容
自然薯の生産販売
純薯(じゅんしょ)(旧優良系統種芋)の生産販売
自然薯・長芋栽培器具の開発・製造販売
自然薯栽培技術の開発と産地育成指導
関連会社 株式会社宝計機製作所
地 図  
Loading...